FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

起死回生 漆黒と高貴な紫の石 その②

~この黒い石との出逢いのおはなし~

皆様に何度かご紹介させていただいた、
神様の居る集落という名前の
神居古潭石。
手にされた方はビリビリとくる高波動
安堵に包まれた中での魂の目覚めを
感じたという話をよく伺いました。

その中に
役割を認識し目覚めたとて
重いものを引きずっていたら
思うように動けない。

不要になったものや想いを断ち切り
祓い清め
時には保護、回復
また新たなものを取り入れ魂を煌めかせ、今世で決めたミッションを果たし活ききるために。
そんな石。
神居古潭でも同じようなニュアンスではありますが。
例えば
日本武尊には草薙の剣というように
強き者でも相応しい武器が必要か、と。

結果・・・わかっているけど
出来ない理由を探していることに。
出来ることから
でも、でも・・・

要するに
ありとあらゆる側面で
自らを取り巻く不要になるものを
削ぎ落とす必要なとき
恐れて踏み出す勇気が出ない。
きっかけがあれば
いや、あったかもしれないけど
変化してきたはずだけど
これで良いのかなあ
振り返るけど
ようわからんわ

そんな悩みの方
目覚め手放しを勘違いしている人も
確かにいます・・・
方向を見定めるためにも
見通しの良いように
剣で草を刈り取らないといけないかも
しれません
見え方が変われば
例えば嫌だと思っている人が
自分を探求する鍵であったりするもんです
・・・
余計な火の粉を浴びないように
草を払うように
周りを綺麗にするために
自分との関係を整理する必要も
あるかもしれません

そんな折に
必要な方へ、と現れた
今までピンと来なかった石。

見た瞬間
これは刀だ❗と思い
取り急ぎ石を持って石上神宮へ。

石上神宮の公式サイトはこちら
http://www.isonokami.jp/about/index.html
ご祭神は
布都御魂大神 (ふつのみたまのおおかみ)
布留御魂大神 (ふるのみたまのおおかみ)
布都斯魂大神  (ふつしみたまのおおかみ)
刀の神様ですね。
国宝「七支刀」でも有名です。
一度は教科書ででも見たことがあるはず。
これですね。
c4_14.jpg


何か訴えてくるような感じはありました。
2度目はお連れした友人とご祈祷していただき、土から出てきてようやく目覚めだしてるような波動でした。

3度目には
突然足が向く?
行く予定と真逆の方向へ車を走らせ
ひとりで石上神宮へ

到着したら腕時計が止まっていたことに気付く。時間3時6分9秒。弥勒?
いきなりの突風
そこだけ降る雨
雷鳴、一度。
時間3時33分。
土の中から見事な神剣が出た禁足地の方向へ光が差し込み、虹も出た。
この石、私が扱ってもいいか?
3度問う
境内の鶏が餌の時間でもないのに一斉に雄叫びをあげた。
3時58分
スマホで撮ったはずの写真がまったく保存されていなかったのも、何かあるのかな。

私の役目は
「繋ぐ」
触媒ともいうかな?
心して取り扱おう。
バランスのとれたものは入手が難しく
いくら求めてもこれだけしかないのか?
いや、必要な数だけなんだろう・・・

昨日も載せましたが
ビーズの穴の中も手でやすりをかけ
ひとつずつ、ひとつずつ。丁寧に。
武士が刀を手入れするのと同様。

それから綺麗に浄化して
それぞれ石が本来の持つ力をチャージして
それからマル秘な行程をいくつも経て
送り出します。
その間に
お迎えされる方には
自分の魂と向かい合う
大切な時間でもあるようです。
お迎えが決まった時点から
何か変化が起こっていると伺いました。
そうなんですね
私の方が驚いています。

この石は
ちょっとクセのある
それでいて
地味なようで
視れば見るほど
味があって鉱物の共生した
自然な模様が美しい
切れ味はハンパ無し

お渡し出来る人にも
覚悟をしてから
手にして貰いたいくらい
エネルギーの質はまさに
起死回生
神剣と呼ぶべきもの。

だから
使い方を間違えたら危なくて
大きく紹介できない
長年、石読みしてきた私が
初めて目にして
かなりビビった石

しかしながら
神は厳しく優しいのと同じく

保護、回復するような
優しい側面も持っているようです。
癒しの石として探しておられるなら
一石二鳥で
石屋としてはこれひとつで事足りるので
言いたくないのもあるかもしれないなと
ふと苦笑い。

そりゃあ、どこの天然石店へ行ってみても
目にしないわけだ。
あったとしたら、色のバランスが残念なものか、不安定なものがほとんどで。
業者さん駆けずり回ったさ。
無いねん。ホンマ。
こんなの知らないというほうが正解かも。

新月であり一粒万倍日と天赦日と虎の日
天も許してくださるであろう日に
数少ない石の中から
見せても良いよ、と許可を貰った一粒だけご紹介。

どこでどう繋がるか、
世の中面白い。
お友達にもお伝えしてみて。

意味合いはおそらく、
断ち切る護る祓う
回復力をあげる
研ぎ澄ます
癒しというのもあるけど
癒してその場を和らげるだけだと
いつまでたっても堂々巡りになるので
自己回復力を底上げするようなイメージ
まだ他にもあるかも。

元々盲目だった鍼灸師さん
少し目が見えるようになってからは目を頼りに暮らしていたのですが。
これをお渡ししてから目が見えなかった頃の
物や人の気配を感じる感覚がよみがえり、
柱や孫の投げたボールにぶつからなくなったそう(笑)
孫の相手をしても疲れが取れやすいとも言われてました。

私もお迎えして着けてみました。
確かに・・・

これ、毒性のエネルギーに晒されるような
職業の方・・・
医療関係者とかさ、
警察や消防、自衛隊
悩みを聞くお仕事
癒しのお仕事
頼ってこられて大変な気を遣う仕事
身体を触るようなお仕事
もちろん美容師の方も
髪の毛にはいろいろくっ付くというらしいですからね
そんな人に
護り刀のように使えるのかもしれませんね。


値段はそこそこしますけど
お迎えされたし方は
私のほうに連絡を。

リーディングも致します。
それだけ覚悟・心構えが必要な石ともいえます。

30706894_1594363737328682_35255569761697792_n.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。