FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彩花って?も~ちょっと詳しく?

彩花はどんなヒトなんだろう・・・詳しく知りたいねんっていう方に。
関西のおばちゃんって、根掘り葉掘り聞きたいじゃん(^_^;) 
共感したいのかな・・・
すごい人のようで、実はたいした事ないやんと思ってくださるといいな。

生い立ちを含めて暴露すると、こんなヒトです。
奈良県出身。昭和のキャンディーズやピンクレディーが流行った世代。
家庭環境は決して裕福ではなく、母子家庭に生まれる。
ご近所の家までかなりの距離があるような林の向こうのひっそりとしたボロボロの一軒屋で、
大和の大自然に囲まれ幼いころより自然界や日常にある声無きものの声を聴くこと、
不可思議な現象を日常的に体感。
ままごとや人形遊びよりも一人で虫取り網を持って野原を駆け回るほうが好きな子供だった。
森や神社の中で何らかのスピリットにアクセスしたり、拾った石と遊んだり。
墓地に行っては御影石や花崗岩の雲母のキラキラしたところを眺めてたり。
勝手に古墳に踏み入ったりしてたことも。

小学2年のころにミシン内職とパタンナー(デザイナーのデザインを起こして型紙作る人)
をしていた母が、田舎の小学校の用務員として働く事になり、小学校の校舎の中の用務員室に住むことになった。
目の前は運動場。花と緑に囲まれ子供の声にかこまれ・・・
「私の家にはプールがある」というとお金持ちに聞こえるけど、実は学校に住んでるという、ね。
遅刻もしないので良い様に思われるが、実は一旦校舎からでて地区で集団登校する決まりなので面倒でもあり。
分からない事があると教師がすぐいるので教えてもらえるかと思えば逆に聞けない状況で。
夜明けから全校舎の鍵をあけ、各教室のストーブに灯油を入れてやかんの湯を沸かし、庭木や動物の世話をして、教師たちの会議やPTAの会議、体育館の管理、夜でも用務員は見回りが3回あって、休みなし。
災害があれば連絡先になるので職員室で缶詰め。
私が学校を休んでも給食は届くので、嫌いなメニューがあって仮病を使っても無駄。
担任が家の中に侵入してきて宿題を手渡し。
子供の声とチャイムと放送の音でうるさくて昼間は寝てられず。
放課後は鍵っ子の子供たちの学童保育状態で家が家ではなくなっていた。
教師の相談相手になっていた用務員の母は、ほとんど夜は教師のカウンセリングをしていた。
そんなプライバシーゼロの環境で「良い子」を演じるのに疲れ
ストレスで身体を壊す事が多かった。

身体の弱い子供で何度も入院し危篤状態になるたびに知らせもしていないのに海外から親戚が来て祈りを捧げてくれた。
縁が途切れてしまったので確認出来ないが、シンボルを描くところなんかは今思えば西洋レイキだったようである。

思春期に重病に陥り臨死体験や幽体離脱体験などを体験したこと、世界中どこに行ってもあるのは病院であり、
母の面倒は私が看ないと、という想いから医療の道を進むことになる。
体の弱い私が看護師なんていうハードな職業に就くというのは無謀とも思えるチャレンジであった。
学生時代に薬の副作用と夜食とお菓子の食べすぎで86キロもあった身体は40キロ以下というスリム体型に。
ストレスで拒食症状態になり、痩せたおかげで余計なものが落ちたのか身体も多少は健康になり免疫力も上がったように思う。

看護師として勤務する傍ら、患者さんから
「不思議ねえ、あなたに身体をさすってもらうと温かくて痛いのも消える。あなたの手を触っても冷たいのにね。」
と言われ、初めて「気」というものを知る。
病気に対して対症療法しかない西洋医学どっぷりに浸かっていた彩花にとっても
この一言がヒーリングやスピリチュアルの世界に足を踏み入れるキーワードだったのかもしれない。

その後・・・
看護師としての勤務経験を経て
まるきり西洋医学にどっぷり浸かって病気になったから対処する、薬漬けにするという行き当たりばったりの治療と
看取りを待つ状態にも関わらずベッドの上で管だらけになっている患者・・・
自らも仕事を休めない理由に睡眠薬と腰痛の痛み止めと抗生剤の薬漬けになり嫌気を覚えていたころであった。

自分を変えたい、今の環境がイヤ。
運よく知り合った人と結婚し、子供を産んだが夫は家に寄り付かず、頼りになる人もいない中、独りで子育てに奮闘。
当時の私は余裕というものがなく、育児ノイローゼ一歩手前。

阪神淡路大震災や離婚を経験し、心と身体がボロボロになる。
母も大病を患い入退院を繰り返すようになり、心が不安定になり人格が崩壊していく。
私一人で病気の母を看ながら子育てしながら働きながら。
がんばりどころが何処向いても頑張らねば状態で弱みを出すところが一切無かった。
そうなると負担は心から身体に移行していく・・・。
頑張れば頑張るほど事態が悪化していく。

ココロとカラダの密接な関係を目の当たりにし、
病気とは?なぜココロが不安定になるの?病気を呼ぶの?病気がなぜ改善しない?
という視点から本格的にスピリチュアルの世界に足を踏み入れることになった。

スピリチュアルの世界に足を踏み入れる前の私は
子育て、母の介護に追われつつ
とにかく前に進まなければいけないという焦りで
シングルマザーのためのコミュニティを作ったり
子供のために学童保育を作る運動に参加したり
小さな子供がいても働きやすい職場環境を目指して働きかけたり
介護支援専門員・住環境福祉コーディネーター・生活指導員などの資格をとって
給料がアップすることばかり考えて。
今思えば、自分の心の問題を放り投げて必死にもがいていた。

とうとう身体を壊し、寝たきりの病に侵され看護師を辞め
顔も手も足も動かない状態で自分の命さえどうにも出来ないジレンマから脱したあとは
藁をもすがる想いでレイキや数々のエネルギーワークをマスターし、感情の整理に数年かかり・・・
今は普通の人と変わらない元気な姿で看護師とKIKUYAの両方を続けている姿がある。
よう頑張ってきたな~と過去の自分を認めてあげようと思うし
生きにくさを感じながら日々暮らすクライアントさんに出逢ったら
私でも何とか生きてきてるんだから大丈夫よ、と抱きしめエールを送りたい。

おっと・・・かなり脱線してしまいました。
天然石の世界については・・・
初めてパワーストーン?「幸運を呼ぶ石というネーミングと意味がついたもの」を目にしたのは
高校生のときに開かれていた「奈良シルクロード博」で、アフガニスタン産のラピスラズリであった。
まだパワーストーンブームは到来していなかったが
ラピスラズリがパワーストーンブームの先駆けだったではないかと。
お年玉をかき集め、びっくりするような高額で低質なラピスラズリのネックレスを買った。
水に弱いことなど知らずに着けっぱなしでお風呂に入ったものだから無残なものになってしまった。

私が20代の頃は、まだパワーストーンブームは到来していなかった。
まあ、あるといえば水晶・瑪瑙・虎目石・ラピスくらいなもの。
本格的に石と向かい合うようになったのは
祖父が生前、水晶や瑪瑙の研磨・彫刻をする職人だったと聞いてから。
先祖代々、神社仏閣や将軍家に献上する水晶を扱う職人の家系であったことは最近になって知る。

フィンランドのシャーマンであるマリアと名乗る女性が夢の中に出てきて
「クリスタルをはじめ、ストーンは人だけでなく大地や宇宙までも癒すものである」
「あなたのいる世界はクリスタルがなければ存在しない。クリスタルにすべてが込められている」
「あなたはクリスタルをこよなく愛せる人であり、ピュアな人だからクリスタルはあなたの親友になってくれる」
と告げられ、目が覚めた。
夢の中だったのでマリアが本当にいたのかも分からない。

それからである。

ご縁があって素晴らしい天然石の世界を知り、石のエネルギーを読む力や人と石の相性を視る力も開花。

それからスピリチュアルの体系的な知識や技術を学ぶ機会に恵まれ
20年以上にもわたり数百種類のストーンリーディングを重ねてきた。
その能力値の高さは他のヒーラーたちにも認められることとなり
確かな能力を持つヒーラーとしてヒーラー仲間や専門家から
石のリーディング・選別や浄化、チャージの作業を依頼されることも。

天然石の買い付けは関西のおばちゃんのように個性的で妥協を許さない。
大手業者や個人バイヤーのようにまとめて買い付けはしない。
もちろんネットで写真だけ見ての買い付けもしない。

たとえ海外であっても商品を一旦取り寄せ、
彩花が実際に見て・触れてひとつひとつ確認し
グレード・ランク分けで選ぶだけでなくエネルギーレベルで納得いかないと
入手しないで送り返すという徹底ぶり
でバイヤー泣かせでもある(・・・らしい)

こういうやり方が出来るのもお互いの信頼関係が出来上がっているからこそ。
エネルギーがどうだのこうだの、バイヤーさんたちはスピリチュアルのことは分かっていないので何を言ってるんだか?と首を傾げるのが当たり前ですから。

自分が手放したくないと思うレベルでないと買わないので、実際に自分用にと買い物が増えてしまっているのも困りもの。
地球のカケラを集めるのが楽しくてしょうがない、まるで子供なのである。

「橋渡しの役目」を担うとアガスティアの葉で予言されているとおり
私と巡りあう人すべてに何らかのご縁があるものと思っております。
ひとりひとりが自分らしく光り輝いて生きることが出来ますように。

スピリチュアルというものの入り口に立ったばかり。
まだまだ人として、ヒーラーとして成長中であります。

現在看護師として医療現場にいながらヒーラーとしても活躍中。

見た目そのまんま、おもろいおばちゃんですが、エネルギーは子供のまんま(^_^;)です。 
知らない人にも「アメちゃん食べる?」といいながら愛のおすそ分けができる屈託のないキャラです。
必ず一回は笑わせる自信がありますよ( ´艸`)

1146593_452891148142619_725601993_n[1]


主な資格  

臼井式現代霊気協会認定 レイキマスター 
社団法人日本クリスタルヒーリング協会(JCHI)認定ヒーラー
英国クリスタル&ジェム・セラピスト協会(ICGT)認定ヒーラー
インドクリスタルヒーリング協会(ICHA)認定ヒーラー
Catherine Cracolice レムリアンマスター
オーラヒーリング・チャクラ調整エナジーペンジュラムマスター
JSD日本ダウジング協会・BSD英国ダウザー協会認定ダウザー・ジオマンサー
・・・・etc


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。